So-net無料ブログ作成

「闇の子供たち」  最後の曲でビックリしました [映画]

yami.jpgちゃんと正面から見なくてはいけない現実を描いたという点で「よく撮ったな」と感心する作品です。演出や編集では??という点も多々ありましたが、まあ児童買春と臓器売買の両方をやらなくちゃいけなかったんで、混乱したかもしれませんね。でもまあこの2点を描くために長くなったであろう時間を、見せきったのもさすがです。若い子が見に来るように宮崎あおいや妻夫木くんなどを配置したと思うのですが、それもよかったと思います(妻夫木くんはどうみてもゲイっぽくてかわいそうだった)。ただこれもその一環なのか、最後にサザンの歌でしめてよかったんでしょうか?私はサザンは大好きなんですが、この映画には絶対合わないと思います。もっと普通の、アーティストではなく、普通にしめればよかったと思うのに。これで一気に私の中でこの作品の価値が下がってしまいました~。残念。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「スカイ・クロラ」  Kill my father〔部分的にネタばれ〕 [映画]

sky.jpg意外と私の周りではあまり評判はよくなかったので、覚悟して行ったら全然よかった。説明不足だのといわれているようだが、観客をばかにしたような説明過多の映画が幅を利かせている現在の状況下では、これぐらいでちょうどよいのでは。ナレーションやクレジット(?)による説明などを一切入れなかったことに感謝したいくらいだ。そして「Kill my father」というセリフに「ティーチャ-を倒す」と字幕を入れたセンスは拍手だなあ。ティーチャーが彼らの父たる創造主のような存在であることを耳と目で一気に説明するすばらしい瞬間だった。海外で上映するときは、セリフはそのままだろうけど、あえて字幕は入れるんだろうか???
とまあ、私にとってよい出来だった「スカイ・クロラ」でしたが、最大の嫌だったことは俳優による吹替。ちゃんとしたアニメは絶対プロの声優にやらせるべきだと思う。特に菊地凛子は聞くに堪えない。最近の押井監督のお気に入りだとはわかっているんだけど、声優だけはやらせてほしくない。これだけは本当に残念。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ブレス」  キム・ギドクもどこへいく? [映画]

breth.jpgキム・ギドクは好きな監督さんなんですが、今回は「鼻についた」という意見も多々あるだろうと思わざるをえない印象です。実際私も気になったし。おもしろいところはおもしろいので、ちょっと残念。キム・ギドクはどこへ行くんだろう?チャン・チェンの美しさには何人も勝てないので、チアふんする人妻がどんなに魅力がなくてもしかたないが、男顔のチアが突然歌いだしたとき、私は正直あまりのことに苦笑いしそうになった。これがあと3回(四季分)続くのかと。刑務所内の絡みはいいのに、なんだかチアに拒絶反応をしてしまった分、入り込めなかった。残念。まあチャン・チェン見てれば満足なんですがね。
ちなみに同じ日に見た「シークレット・サンシャイン」はチョン・ドヨンの独壇場ですごかった。受けのソン・ガンホも素晴らしい。お話は途中で宗教色満載になって。大丈夫かと心配したけど、それはそれ、うまく神様への逆襲があり、おもしろい展開になります。ま、大筋はよくある話ですけどね。見る価値はあります。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ドラゴン・キングダム」 おお、リウ・イーフェイちゃんが出ていた [映画]

kingdom.jpgジャッキーとジェット・リーのアクション対決も見ものですが、時間がちょうどあった映画が「ドラゴン・キングダム」だったし、そんなに気負って行かなかったんだよね、そしたら、スパロウ役の女の子、見たことあるじゃーん。「五月の恋」のリウちゃんだよーん。映画はすごーくよかったんだけど、当たらなくて残念な作品でしたが、DVDも買ったほど大好きな作品なのです。その彼女がこんな大作に出てるなんて~。これでこの映画の見所がひとつ増えましたな。ま、作品自体はちょっと中だるみもしますが、王道作品ですので、安心してみてくださいな。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「愛のうた、パリ」 東京レズ・ゲイ映画祭初体験! [映画]

lovesongs.jpg今まで行きたくてもなかなかタイミングが合わなかったレズ・ゲイ映画祭に行ってまいりました~!本当はしっかり何作品か見たかったんですが、仕事のついで(?)だったので、あいた時間に1本だけ。会場のバルト9も初めてだったし、ワクワクで行きましたわ。そしたら土曜の新宿のシネコンのチケット売り場はおそろしいほどの列だった…。ようやくとれた席は前から3列目の端っこ。いつも一番後ろで見るクセのある私にはとても辛かったよお。それも日本語字幕が右端に投影されるので、右端に座ってしまった私は超ナナメでスクリーンを見なくてはならず、けっこうきつかったです。前の晩は3時まで飲んでいたこともあって寝不足だし、最悪のコンデションでみたのが、カンヌにも出品されたというミュージカル「愛のうた、パリ」。リュディヴィーヌ・サニエちゃん目当てで行きましたが、意外にも悲しい展開にビックリ。お話はおもしろかったんだけど、肝心のミュージカル(突然歌いだす、当然ながら)になると、睡眠不足の体がどうしても睡眠モードに入ってしまい、記憶が少ない…。むしろ、これ、ドラマはおもしろかったんだし、ミュージカルでなくてもよかったんじゃないかと。ま、貴重なもの、見せていただきました。来年からはしっかり予定たてて見に行こうかなと思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ジョニー・リコ 新種巨大パグ犬と戦う!? [ひとりごと]

pagu.jpg某DVD雑誌を見ていたら思わぬ見出しに噴き出してしまいました!「スターシップ・トゥルーパーズ3」の見出し「英雄ジョニー・リコvs新種巨大パグ」とあるのです。シリーズ1から復活を遂げた英雄ジョニー・リコがなんと新種の、おまけに巨大なパグと戦うというのです。こんなにかわいいヤツ相手になぜ!?もしこんなストーリーだったらバーホーベンは製作総指揮には入らなかっただろうに。違う意味で面白い作品になったと思うのに。ちなみに3では、ジョニー・リコは1同様、巨大なバグさんたちと戦います。犬は一切出てきません。残念。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『ミラクル7号』  ナナちゃんの地球征服 [映画]

7.jpg以外に評判のよくないチャウ・シンチーの新作ですが、私はかわいいナナちゃん目当てでいきました。思ったとおりの動きをしてくれるので、とてもかわいかったです。子役たち(大人なこどももいましたが)もよくがんばってましたし、性別逆転てわかってるゆえにおもしろかった。今回はいつもイジられる美人女優がそのままで紅一点だったのが、なんだか肩透かしでしたが。あとはいつものチャウ・シンチーという感じで安心して見れました。ナナちゃん、かわいかったですね。ウンチきばるとことか。魂(?)抜けたあとのぬいぐるみ状もよかったです。あれ、ほしいですね。ラスト、ある意味ナナちゃんが地球征服した感があって、おもしろかったです。でも何で鼻、ないんでしょう?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『秘密結社鷹の爪 THE MOVIE Ⅱ~私を愛した黒烏龍茶~』  スクリーンで見てしまいました [映画]

kuro.jpg前作をDVDで見て、気に入ってしまった私は今回とうとうスクリーンで見ることに成功!(行く気とスケジュールの問題だけでしたが)これが見てよかったんだなあ。ガラガラで盛り上がりにはかけたけど、おもしろかったんですよ、やっぱり。メインネタは「マトリックス」なので、古いけど、ちらばる小ネタは自分好みなので、たはったはっと笑ってしまいました。ちゃんと張った伏線はすべて使うといった無駄のない構成(いや、バジェット減によるCMとか○○タイムは無駄といえば無駄かもしれないけど、これもこの作品の持ち味なわけだし…)ってことで、素直にスクリーンで見てよかったなあと思いました。エンドロールのレオナルド博士のダンスが、クマちゃんの面目躍如的なキュートさでかわいかったあ。島根に行かねば!!あ、ちなみにパソコンの壁紙も鷹の爪に替えましたあ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「河童寿司」  河童のクゥ見たし… [かわいいこと]

kappa.jpgなんでかしらないけど、昔から河童キャラものをもらうことが多かったのだけど、今回いただいた「河童寿司」はとーってもかわいかったので、公開!でもこれは河童寿司をプレゼントしていただいた人の画像で、私の河童寿司は微妙にレイアウトも表情も違ってた。ううむ、全部手作りなのだな。今名古屋でやってる(た?)クリマで買ってきてくれたものです。かわいーです。ちょうど「河童のクゥと夏休み」を見たあとだったので、感激もひとしお。そう、クゥもDVDでやっと見ました。映画館で見れなかったのはちょっと後悔しましたが、後半泣けてくるので、家でひとりでみて正解だとも思いました(人がいると泣けない、哀しい私なので)。話は戻りますが、河童寿司、微妙に寿司にされてる河童がちょっと怒ってるのは納得だが、嬉しそうな子もいるのは、なぜだああ。ちょっと気になるけど、かわいいからいいや。

「シューテム・アップ」  またもやクライヴ・オーウェンです [映画]

shootemup.jpgやっぱ私はクライヴ・オーウェン自身が好きなんだな。オープニングのアップを見てほれぼれしたよ。この映画は絵コンテ重視のカッコいい銃撃戦が見れればいい!の作品でしたから、まったくもって何も期待せず、ただ楽しみにいったんですが、キャストは文句なしに好みだし(モニカ・ベルッチの皮膚感が衰えすぎ~。でも若作りせず地でいく感じが好感度大。ジアマッティもけっこう悪役似合ってたし)、けっこう楽しめました。なぜかニンジンが大活躍なんですが、ニンジンしか食べない彼なのに、言い方はおかしいと思うけど、ニンジンにすごく味方されてる感じがして、なんかおもしろかった。ニンジンの擬人化とでもいいましょうか?ニンジンとの間にとても愛を感じたんですよね~。まあ、ニンジン、洗って食べたほうがいいと思うけど。ポケットに何本でも入ってるのが、すっごくおかしかった。ニンジンの種類も馬が食べるような太目のじゃなく、細めのトキトキ・タイプ。武器にもしなきゃならないからね。これでニンジン・ファンも増えたことでしょう。
さすがに「トゥモロー・ワールド」でもお産経験者なだけあって、またもや助産夫ってとこもツボでした。ああ、またちょっとホレ直しました。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。