So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

2008年映画マイベスト10&ワースト [映画]

今年は実は例年に増して映画見てます!!DVDでもものすごく見てます!!今のところ劇場でみたのが162本、うちでDVDで見たのが91本とすごい数字になっていまして、自分でもビックリしています。確かに家にいるときも見なアカンDVD(仕事ですから、宿題DVDと呼んでいます)にまみれていた1年でした。で、ベスト10ですが、いつもどおりDVDは除外して劇場でちゃんと見た作品から選びました。なので、DVDでみてよくても入っていません。
例年どおり順位はつけてません。邦画、洋画も区別なし。やっぱり年の初めに見て記憶も薄れてきたけど、今年は「やわらかい手」で行きます。あとはやっぱりオチも好きな「ミスト」。思い入れの強い作品として「片腕マシンガール」。日本映画では「歩いても歩いても」と「おくりびと」入れました。「子猫の涙」「接吻」「人のセックスを笑うな」も次点です。あとは好きな監督、好きな俳優さんでいいもの選びました。
ワーストは「L change the World」ま、入れるまでもない作品ですがね。マツケンもLも好きなんですけどね、あまりにもあまりにもだったので。あとはガイ・リッチーの「リボルバー」、好きな監督なので、いくら評判悪くても私は大丈夫なはず、って意気込んで行って、見事玉砕しました。マドンナと別れてスッキリしてください。
お正月映画にいいものがないんですが、2009年はもっともっと素敵な映画に出会えますように!!
あ、「エグザイル/絆」あと2回は見たい、ジョニー・トーの傑作です。来年度に入れます。

2008のベスト10本
やわらかい手
ミスト
片腕マシンガール
歩いても、歩いても
ラスト、コーション
パリ、恋人たちの2日間
潜水服は蝶の夢を見る
おくりびと
グラインドハウスUSAバージョン
ウォンテッド
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

もうすぐ今年も終わりますね [ひとりごと]

意外とたくさん映画は見てますが、なんだか書く気がしなかったり、忙しいわけでもないのに、ブログあげる気になれない今日この頃。でももう年末なので、そろそろ今年のベスト10でも考えてあげますね。来年からはちょっと趣向を変えていこうかなとも思ってます。ってダラダラすいません。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「DON 過去を消された男」 久しぶりのインド映画に燃える [映画]

don.jpgいやあ、盛り上がりますね~。唐突な歌と踊りがたまりませんね~。まあ唐突な話でもあるんだけど、意外と二転三転でおもしろいし。シャー・ルクはすごいね。ニヒルだけど、憎めないし。それより私は脇役のイケメンさんに目が釘付け!チャン・チェンのインド版って感じかな。ジャスジート役のアルジュン・ラームパールです。これから要チェックします。久しぶりにインド映画映画館で見たので盛り上がり、ついつい狭い椅子の中でリズムをとっていたら、右足、つりました。運動不足です(泣)。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「私がクマにキレた理由」「ブーリン家の姉妹」 スカーレット・ヨハンセンのはしご [俳優]

theother.jpg休みだったので、どうせなら、と大好きなスカーレット・ヨハンセンのはしごにしました。「クマ」は全く期待せずに。だって話は見えてるし、スカ子さんは現代っ子なはずなのに、コスチュームプレイのほうが断然似合うからね。ってことで、「ブーリン家」はスカ子さんの面目躍如。元々アン・ブーリンの話ではなく、メアリーの物語なわけだし、さすがに似合ってましたよ。「真珠の首飾りの少女」っぽい恥じらい感がよかったですね。彼女はこういう役がものすごくはまるので今後も楽しみです。対するナタリー・ポートマンもがんばってましたよね。お互いいい刺激になったんではないでしょうか。それにしてもあの時代に生きてた女性たちって本当にかわいそう。ま、ある意味男でも一緒だけどね。アン・ブーリンのお勉強のあとは「エリザベス」が見たくなります!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ゲットスマート」「アイアンマン」  アメリカンな映画 [映画]

get.jpgスティーブ・カレルがこんなに日本人に受け入れられるようになったのはちょっと嬉しい。アン・ハサウェイもいい意味で見事イメージチェンジを図れたような…。コメディは意外と相性はいいみたいでスッキリ見れました。お話はもちろんぐだぐだなスパイものですが、そのぐたぐだ感が意外とよかった。ビル・マーレイのシーンは「0093 女王陛下の草刈正雄」な感じがしてとても好きだ。なぜか劇場は昔の「スマート」ファンなのかおじさんばかりだったが、けっこう笑いもおこってたし。何も考えずに見れるのはありがたいです。
アイアンマン」は意外とおもしろかった。アメリカでもなぜか女性ファンがついてヒットに結びついたということでしたが、それもなんとなくわかります。ロバート・ダウニーJr.のほっとけない感じがいいんだよね。うまく返り咲きましたなあ。今回あんまり(ほとんど)人助けをせず、その製作過程と内輪もめが大きなテーマだったので、次作からはもうちょっとヒーローっぽいこと、してほしいです。。期待してます。「ぶっきっちょくん」が私は欲しいです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ウォンテッド」「落下の王国」  ビジュアル重視の監督ふたり [映画]

wanted.jpgなぜか「ウォンテッド」がアメリカでも大ヒットして、日本でも盛り上がっているので不思議だ。今まで「ナイト・ウォッチ」「デイ・ウォッチ」と同じような映画を撮り続けてきた監督なのに、ロシア人俳優ではなくて、アンジーが出てればヒットするのか!?なんて安直なんだ。観客は俳優で見に行くのか、やっぱり。なんかこのヒットにはものすごくうれしい反面、イラつく。ティムール・ベクマンベトフ監督は、今までとほとんど変わっていないビジュアルで今回も突っ走っている。iいつもの彼とやってることは一緒なのに、彼のよさはハリウッドならではでこそ輝くのか。なんだか悔しいなあ。アンジーのアクション映画だと思っていく人たちがいたら、なんか悲しくなっちゃう。だいたい回復風呂の番人やねずみと遊んでるばあいでないんだよ、アントンくん。監督本人も「ナイト・ウォッチ」3部作の最後が「ウォンテッド」になったみたいっていってたけど、私はちゃんと終わらせて欲しいの。だってファンなんだもの。
もう1本、今日は別のビジュアリスト、ターセム監督の「落下の王国」見てきました。相変わらず美しいビジュアルでしたね~。お話は子どもに話す程度のことだから、コロコロ変わって問題ないわけだし、つじつまなんて必要なく、ただただターセムの撮りたいものを撮ったという潔さが素敵でした。彼の馬のモチーフとか、ベクマンベトフも好きなモチーフはずっと使い続けてるよね。ふたりともまったく違うけど、そのまま突き進んで欲しい監督さんたちです。

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ナンシー関 大ハンコ展  やっぱりあなたは偉大です。 [ひとりごと]

ひそかに大好きだったナンシー関の大ハンコ展に行ってきた。気軽に行ったら驚いた~。あれ一個一個見たら一日かかっちゃうじゃーんってほどの数。5000個強の消しゴムくんたちが勢ぞろいなのだ。逆版で見ると意外とイメージが違う人や、そのままでもすぐわかる人など本当にひとつひとつ確認していったら何時間かかるのかしら?うう、もっと時間があるときにゆっくり行けばよかった(涙)。おうちに帰って本で再チェック!!これから行く人は時間に余裕を持ってね!!それにしても不器用な私はただただ感心するばかり。なんであんなに特徴だせるんだろな。もっとずっと作品を生み出して欲しかったな。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

コールドストーン・アイス初体験  ティーリシャスモンブラン [おいしいこと]

tea.jpgいよいよ名古屋に上陸しましたね、コールドストーンクリーマリー。早速行ってきましたよ。夕方に行ったので、思ったより並んでなかった。マロン好きな私が食べたかったのは、ティーリシャスモンブラン(もうココロに決めていきましたもん)。レシピアールグレイアイスクリーム+栗+スポンジケーキ+ホイップクリーム。画像はチョコレートワッフルコーンに入ってますが、私はシンプルにカップにしました。お値段480円なり。で、お味のほうはいうと、けっこう甘みもきつくなく、おまけに冷たすぎず、クリ―ミーでおいしかった。マロンは写真より小さいですがね~。もっとくどいのかと思ってましたが、総じて私好みでした。今後、また違う味を食べたくなるのは当然です(だってすっごくメニューあるし…)。冬のほうがアイスは食べたくなるので、これから楽しみです。でも食べる場所はなくてちょっと困りました。まあまだまだ混雑続きそうですからね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「おくりびと」  こんな納棺師に送ってもらいたい [映画]

okuribito.jpgお話の着地点は予想通りに落ち着いてしまうのだけど、なにしろもっくんと山崎さんの所作の美しさに見とれてしまいました。あんなに心を込めて綺麗にしてもらえるなら、幸せに送られるなら、死ぬのもいいかも、とさえ思いました。「死」は「門」であるという火葬場のおじさんの言葉も印象的です。だから「送り出す」ということばになるんだろうなあ。もっくんが企画したお話というだけあって、本当にもっくんの所作は美しかったです。意外と笑わせる部分も多く、この日本的な美しさのおかげで海外の映画祭で受けるのも納得という感じがします。場内も笑ったり、泣いたりの素直な反応が多く、よくできた作品だと思いました。とにかくもっくんに拍手です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「アクロス・ザ・ユニバース」  ジュリー・ティモア監督らしいミュージカル [映画]

across.jpgさすがというか、舞台で培った実力発揮のミュージカルでした。思わず口ずさんでしまいます。ボーリング場や身体検査のシーンなど楽しいシーンがいっぱいです。基本的にミュージカルは苦手なんですが、ただ歌って踊るのではなく、ビジュアル的に素敵なので、さすがだなと思います。読みどおりに進みますが、お話的にも問題ないです。ビートルズにもさして思い入れがないので、素直に見ることができました。でも一般受けはしてないようで、けっこう空いてたので、残念です。
同じ日、廣木隆一監督の「きみの友だち」も見ました。けっこう切ないお話で何度か泣きそうになりました。が、写真のたび、そのエピソードに戻るという形で何エピソードもやるので、ちょっと疲れましたね。弟ネタがふたつも続き、どちらか削ってもらってもよかったかと。出てくる少女たちがみなよかったので、現代が少ないのも私にとってはよかったことでした。総じてさすがだな、と感じるできでしたけど。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。