So-net無料ブログ作成
検索選択

「浜辺の女」 三角関係と六角形理論(?)に笑えるホン・サンス作品 [映画]

ホン・サンスの作品を見るのは実はこれでまだ2作品目。「映画館の恋」は劇中劇にノックアウトされましたが、今回はけっこう笑える作品になってました。あいかわらず優柔不断な映画監督が主人公で、彼がとうとうと説明する自分の悪夢論理(彼女の昔の男関係を想像すると耐えられない!)がおかしくておかしくて、はまりました。説明は省略しますが、作品中で確認してください。アホらしくて、でも愛すべき理論です。まわりのアクの強いキャラもたくさんでてきてナイス。でもまあ、よく考えてみれば自分の周りもそんな感じですよね。それにしても本当に男って…。
これから昔のホン・サンス作品も見直そうかと思っています。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 1

archipelago

始めまして。ホン・サンス監督ファンがまわりにいないので検索してたどり着きました。『海辺の恋人』面白いですよね。僕も6画理論は爆笑しました。あるところで監督本人にあったのですが口下手で真面目そうないい人でした。よいレビュー、ありがとうございます。
by archipelago (2007-10-02 07:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。