So-net無料ブログ作成

「虹を架ける王妃」 フジテレビドラマとピンク映画エキストラの巻 [ひとりごと]

あれは暑い夏の日だった…。犬山は明治村でドラマのロケがあり、エキストラを頼まれた。主演は岡田准一くんと聞きゃ、行くしかないでしょ。
朝早く(6時)に集まり、衣装に着替えさせられた。私はなぜか髪型は和風で、服はディオールのスーツというトンチンカンな感じで、自分でも納得いかないくらい、変なカッコさせられた。くすん。他の人はそれなりに明治・大正ふうの衣装だったりしてたのに、なんだよ~。ふてくされてなるべく映らないようにエキストラとして参加したのでした。どうせ結婚パレードを見ている群衆のひとりだし。
とは言ってもさすがドラマですね~。放映日だった昨日、実家でもみんな目を皿のようにして私を探してくれました。自分でも自分の姿が確認できなかったのに、母から「八重歯と目を確認した」とのメールが!!ほんとかなあ。
まあ映画と違ってみんながどうにかこうにか見てくれるのでうれしいですね。

で、映画のエキストラですが、先日ピンク映画のエキストラにも参加しました。ピンクはできあがっても見に行かないだろうから、どうしようかと思っていましたが、まあこれも何かの縁だし、行くだけ行こうと思って、これまた朝早く行ってきました。
出番は結局ないかと思われましたが、ちょこっとだけ出てきました。ピンクといってももちろんヘンなシーンでのエキストラではなく、映画館を舞台にした内容だったので、私たちは映画館のお客さん役です。主演のお姉さんの妙な薄着、衣装にはビックリしましたが。ものすごく納得の現場でした。ちゃんと映っているかはわかりませんが、クレジットにものせてもらえそう。これは見なくちゃいけないかな~。ちょっとドキドキです。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 1

fuki

あらら、そりゃお疲れさまでした。今度は私も誘ってねん♥
by fuki (2006-11-29 12:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。